トップ > 芸能 > 木下優樹菜の凄まじい「パンチ力」
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


木下優樹菜の凄まじい「パンチ力」

2017年09月16日(土) 芸能
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 18:34:41.82 ID:CAP_USER9

ママタレントの木下優樹菜が、プロボクサー並みのパンチ力を持っていた!? 
9月13日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で披露したエピソードにスタジオの共演者たちが騒然となったという。

番組では「人間の骨で折れていない骨など存在しない説」を検証。
その流れでゲスト出演者の木下が、2年前に鎖骨を折ったと告白した。
夫でお笑い芸人の藤本敏史(フジモン)と夫婦ゲンカし、腹立ちまぎれにベランダの床にグーパンチしたところ、そのはずみで鎖骨を折ってしまったのだという。
そんな木下にスポーツライターが感心した様子で語る。

「なによりスゴいのは、折った場所が鎖骨だということ。
固いものを殴っての骨折は珍しくありませんが、たいていは手の“中指骨”が折れてしまう『ボクサー骨折』になります。
ところが木下は中手骨が無傷で、遠く離れた鎖骨を折ってしまったのですから驚きです。
彼女が放ったパンチ力の凄まじさが想像できますね」

鎖骨といえばおぎやはぎの小木博明が6月に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の収録中に転倒し折ったことが記憶に新しい。
このようにほとんどの鎖骨骨折は転倒時に発生しているが、その鎖骨がなぜパンチで折れてしまったのか。
スポーツライターが続ける。

「鎖骨は最も折れやすい骨。それは胸骨や肩甲骨といった他の骨がダメージを受けないように、先に折れることで衝撃を吸収する緩衝材となっているからです。
つまり木下の場合、あまりに凄まじいパンチ力で肩関節や二の腕(上腕骨)が壊れてしまいそうになり、それを防ぐために鎖骨が折れたのではないでしょうか。
そのパンチで他人を殴っていたら、さぞや恐ろしい結果になっていたことでしょう」

怒りのパンチで自らを傷つけてしまった木下。
もしその矛先が夫のフジモンに向かっていたら、新聞を賑わせる事態になっていたのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1355338/
2017.09.15 18:15 アサジョ

11

続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。

Copyright © 2017 芸能MAX All Rights Reserved.