トップ > 芸能 > 新垣結衣、有村架純、綾瀬はるか、長澤まさみ、堀北真希の水着画像
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


新垣結衣、有村架純、綾瀬はるか、長澤まさみ、堀北真希の水着画像

2017年10月12日(木) 芸能
1: ラッコ ★ 2017/10/11(水) 06:02:08.27 ID:CAP_USER9

吉岡里帆が新垣結衣も綾瀬はるかも「無視」で持論展開? 「嫌で仕方なかった」に非難の声も

 女優の吉岡里帆が、自身の「グラビア時代」を振り返る発言が波紋を呼んでいる。

 吉岡は女性向けサイト「She is」で、シンガーソングライターの吉澤嘉代子と対談。仕事観やフィクションについて語り合ったわけだが、そこで自身の「グラビア時代」の気持ちを語った。

 以前から「グラビアは嫌い」などという情報も多く流れていた吉岡だが、どうやらそれは事実のようで
「切り売りの時間」「私は水着姿なんて絶対出したくなかった」「そういう教育を受けてきた」としており、当時は辛かったと語っている。

 そして、こう語るとファンから反感を買うとした上で「求めてくれる人に応えるのが私の生き方」とし、現在はその経験がプラスになっていると結論づけた。

 また、吉岡は水着時代を、女優を続ける上で「ハンデを抱えている」と考えているようで、それは「脱いでる人が芝居している」と思われることだとし、そうでない人との差が極めて大きいとした。

 しかし、この発言に対しては総ツッコミが……。

「今女優として飛躍した綾瀬はるかさんや新垣結衣さん、有村架純さんなど、多くの女優さんは水着になった経験があります。
しかし、彼女たちに『脱いでる人が芝居を』などと思う人がどれだけいるんだ、という声はありますね。
水着をして増えた仕事もあるでしょうし、それでもなお否定する姿に反感が集まるのも理解はできます。
演技が評価されれば、そんなイメージなどすぐ吹き飛ぶということでしょう。
まあ、売れてからグラビアをやる女優さんは少ないですし、吉岡さんの発言はみんなの本音の代弁ということもあるのでしょうが……」(記者)

 さて、吉岡の演技に関してだが、夏に放送された『ごめん、愛してる』(TBS系)の演技は、さほど芳しくもない様子。
果たして今後、衝撃的だったグラビア時代を超える演技を見せられるのかに注目だ。

ビジネスジャーナル 2017.10.07
http://biz-journal.jp/gj/2017/10/post_4552.html

続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。

Copyright © 2017 芸能MAX All Rights Reserved.